FC2ブログ

2020-09

10年と半年 - 2011.09.12 Mon

すっかりと更新が空いてしまった(汗)
先週は火曜日から金曜日まで連日肝臓を酷使することとなり、いささかお疲れ気味。

火曜日 イタリアから来日中の Aldo 君と広尾のおしゃれなイタリアンで会食
水曜日 商談で我が社に来てくれた Mahalo サンと浜松町のすし屋で一杯
木曜日 2輪業界の定例懇親会で屋形船
金曜日 久しぶりに大阪で親会社のメンバーとグテングテンの焼酎漬け
土曜日 芝刈り帰りに Gras と大野でかる~く一杯

ワインからはじまって、ビール、焼酎と良く飲んだウィークリーでした。

ところで、昨日は9月11日、大事件・大災害の節目となる日でしたネ。
アメリカ同時多発テロから10年、東北を襲った未曾有の大地震から半年。
昨日は9.11テロ関連のテレビ番組を半日近く観ていたけど、10年前の大事件は今でも
衝撃的なこととして記憶に残っています。
でも、なぜアメリカがテロの標的となるのかは正しく理解していない。
あのテロ行為を、どれだけの日本人が正確に理解しているのかは疑問に思うところだ。

しかし、東日本大震災ではそれがきっかけとなり、沢山の日本人の心が大きく揺らぎ、
そして価値観を変えてしまったのだと思う。

まずは省エネに対する意識が急激に強くなった。
節電のための商品が売れ、夏前にも関わらず扇風機は例年の数倍の売れ行きだった。
反面、電飾の消えたコンビニ、街灯がついていない暗い道路、動かない駅のエスカレーター
薄暗い電車、等々、今まで普通に使っていたものにも耐えることを経験したはずだ。

次に、大地震・大津波という自然の猛威・脅威に加え、原発事故から始まった放射能汚染
ということから、安全と安心への意識が高まったことだ。
原発事故直後は、水道水も安全ではなく、授乳ミルクに使う水すら配給という状況。
地域によっては出荷停止された野菜があり、汚染された牛肉が給食に使用されるという
未だに収束の出口すら見えない状況なのだ。

でも、一方では失われつつあったものが見直されたこともあると思う。
それは・・・・絆と地縁

震災という大災害を通して、たとえ少額であろうとも沢山の日本人が義捐金という形で
ひとつになった。
現地の復興に少しでも役に立ちたい、と沢山の若者が支援活動を続けてくれている。
そういった絆が絶えない限り、必ずや復興を成し遂げられると思う。

それに、あれだけの津波被害がありながら、現地・地元に留まる人が沢山います。
やっぱり、人には人間関係と同じように地縁というものが大切なのだと思う。
その土地で生まれ育ち、コミュニティーの中で形成された人間関係は、モチベーション
を引き上げてくれる素養なのかもしれない。

あれから半年、復興への道のりはまだまだ見えたようには思えないけど、どこかで
イッキに加速するはず。そういったパワーが日本にはあるはず。
そんなことを思いながら、十五夜のお月さまを眺めながら思う秋の夜長でした。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トランクスは最後? «  | BLOG TOP |  » Big wave 的な芝刈り

カテゴリ

Wind Surfin (55)
Golf (99)
Car & Bike (65)
Business (76)
Food & Drink (106)
Anything (291)
未分類 (0)

プロフィール

Foie by アトム

Author:Foie by アトム
Welcome and many thanks for your visit.
I have moved from the blog that had continued for three years.
The blog is here・・・・http://j128-love-sea.blog.drecom.jp/

Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版

ネガティブな言葉

 

Presented by.球体関節寝子人形。

駅の時計

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード